【まんが日本昔ばなし】「すりばちをなめた猫」

まんが日本昔ばなし「すりばちをなめた猫」のご紹介!

あらすじ

昔、土佐に要蔵という男が住んでいました。悪人ではないのですが、何をやっても失敗続き。酒に浸る日々を送っていました。

来るものといえば、盗み食いをする野良猫くらい。

「全くオメェが来たというもの、ろくなことがねえッ!!!」

この猫が来てから不運続き。鬱憤が溜まった要蔵は猫を追い出しました!

要蔵がチクショ!と言って物を蹴ると、壺が頭から降ってくる始末。もう踏んだり蹴ったりです。

ある日、要蔵が釣りに出かけた日のことです。ポカポカと温かいのに、当たりの方は一向にきません。
「何をやってもダメじゃあ」帰ろうとした時、ピクンと釣り針に魚がかかりました。

見事なアマゴを釣り上げました!その拍子にウサギと大根もゲッツ‼️

束ねる為に草を掻き分けた時、「ウィヒ!」と山鳥の卵を見つけました。「ついてる時にはついとるもんじゃ」今日は嘘の様にツイています。

その夜はご馳走でした。山芋でトロロを作ってアマゴと兎肉、うん、飯テロです。旨い酒に美味い料理。これ以上に幸せなことなどこの世にないでしょう(断言)そのまま満足して寝た要蔵。

また、野良猫がやってきました。野良猫はすりばちに残った山芋をペロペロと舐めました。

翌朝、要蔵が目を覚めると山芋を舐めている猫の尻尾を発見。

「くぅゥゥ!コノヤロォ… 今日こそは生きてウチを出られると思うなよ」

要蔵は包丁を猫に投げました。殺す気満々です。

「取ったぞ!」要蔵は猫の尻尾を掴みました。

だけど、猫は尻尾だけしか残っていませんでした。

…?

要蔵はこう考えました。というか、ある程度察しの言い方なら不穏な物を感じ取ったはず。

________

猫は擦り切れてしまったのです。

要蔵は猫がいなくなったと清々した気持ちと、「寂しさ」を同時に味わいました。

感想

まさかのグロすぎるオチ!

だけど、血のようなもの直接的な描写はなく(あったら放送できないだろうが)、滑稽かつ、どこか“侘しい”ラストは考えさせられます。

最新情報をチェックしよう!