【イソップ寓話】ライオンとイノシシ【強者の取っ組み合い】

イソップ寓話「ライオンとイノシシ」について!

最強の二匹

日差しが照りつける夏の日、ライオンとイノシシが歩いていた。

二匹は仲が良く、どちらも大型の獣で、周りからは恐れられていた。二匹は喉が渇き、近くの泉に行って見る事にした。

「こりゃあ助かった」

「さて、…じゃあ悪いが俺から飲むぜ。」

「いや、待てよ。俺からだ」

「なんだと」

イノシシとライオンは口論になり、挙げ句の果てに生きるか死ぬかの取っ組み合いになった。

…途中でイノシシはある事に気付いた。ハゲタカが舌舐めずりをしながらこちらを見ていたのだ。

死んだ方を食うか、或いは弱った方を狩って両採りする魂胆であった。

「おい。あれをみろ」

_____直ぐに察しがついた。

「どうやら、争っている場合ではないらしい」

「そのようだ」

二匹はハゲタカをキッと睨みつけた。ハゲタカは恐れをなして逃げ去った。

教訓

「無駄な喧嘩をするな」

そして_____
 

 

 

「争っている最中には漁夫の利を得ようとする者がいる」

ライオンとイノシシが仲違いせず、手を取り合えば怖い者なしなのだ!

だけど、正直どっちが先に水を飲むかで殺し合いをするって、今後大丈夫かと思う笑

最新情報をチェックしよう!