【イソップ寓話】卑怯な蝙蝠

裏切り者の末路…
イソップ寓話「卑怯な蝙蝠(コウモリ)」を綴っていきます。

あらすじ

昔、獣の一族と鳥の一族が争っていました。それを見ていた蝙蝠は、「私は全身に毛が生えているから獣の仲間です」「私は羽があるから鳥の仲間です」と両陣営を行ったり来たりして、何度も寝返っていました。

すると、どうでしょう、獣と鳥の一族は争いを辞めて、和解しました。

「ヘッヘッ、アニキィ」

「…お前のような卑怯者はいらない」

コウモリはどっちに帰ることも出来ませんでした。

教訓

「八方美人はいつか見限られる」

因みに蝙蝠は「哺乳類」なので、本当は「獣」の仲間…😅

最新情報をチェックしよう!