【人志松本のゾッとする話】ヒカリゴケ国沢「新築ハイツ」

怖さレベル:★★★★(かなり怖い)

人志松本のゾッとする話、ヒカリゴケ国沢さんの「新築ハイツ」のご紹介。

そのハイツ…

国沢の小学校からの友達「タケダくん」のお話。

引っ越しをした時に新築のハイツを借りた。101から104、201から204の八世帯が住めるハイツで、タケダは203号室に部屋を借りた。

駅も近く、新築で綺麗。タケダはとても気に入っていた。

202号室には「タイプの綺麗な女性」、201号室には「気さくなおっちゃん」と、住民にも恵まれていた。

しかし、一点だけ気になることがあった

204号室の人を一回も見たことがなかったが、頻繁に壁をドンドンしてくる。

それが二、三週間続き、タケダくんも怒り、ドンドンと叩き返して「うるさい」と、注意した。

いったん止まったが、また「ドンドン❗️」と叩いてきた。

タケダくんは管理会社に注意してもらおうと思い、翌朝電話した。

「204号室の人が壁をドンドン殴ってうるさいので注意してくれませんか」

すると、管理会社の人が言った

「すいませんタケダさん。

 

そのハイツ、タケダさん以外誰も住んでないです」

_____
それから怖くなって引っ越したタケダくん。

後でそのハイツを調べてみると、ハイツが建つ前は駐車場だった。その真前に同じような八世帯が住めるアパートがあり、火事が起き、二階の人は全員亡くなった。

もしかしたらドンドン叩いていたのは…

感想

まさかのドンデン返し!

美人な女の人も、気さくなおっちゃんも、ドンドン叩いてくる204号室の住民も全員_____
存在しなかった

考えれば、考えるほどゾッとする怖い話です😱

最新情報をチェックしよう!