【廃墟】日本のディズニーランド「奈良ドリームランド」

日本の廃墟「奈良ドリームランド」のご紹介!

日本のディズニーランド

奈良ドリームランドは1961年から2006年まで開園していた遊園地。奈良公園から車で10分ほど。

  • 日本のディズニーランド

第二次世界大戦後、駐屯していた米軍基地の一部が接収され奈良ドリームランドの敷地の一部になった。

開園のきっかけは実業家の松尾國三がアメリカのディズニーランドに感激し、ウォルトディズニーと直接面会して日本に誘致しようとした。

「奈良に日本のディズニーランドを作ろう」と、持ち掛けたがディズニー側は本気ではなく、「力になる」という曖昧な返事だけだったが、熱意に押されてディズニーランドの秘訣をレクチャー。

こうして1961年に奈良ドリームランドが完成された。

「ディズニーランド」を名乗る事は許されなかったが、「日本のディズニーランド」として大いに注目され、最盛期には160万人もの人が訪れた。

(なお、ディズニー本人はこの件を怒っていたらしい)

本物

「日本のディズニーランド」という看板を背負って経営を続けていた奈良ドリームランド。順風満帆に思われたが、その“名前”が大きく傾く出来事が起きた。

1983年、「東京ディズニーランド」が開園したのだ。

この時、奈良ドリームランドの「夢と魔法」は解けた。最早「日本のディズニー」と名乗る事は出来なかった。

閉園

これ以降業績がにわかに落ち始め、とうとう閉園まで追い込まれ、

2006年8月31日をもって閉園した。

閉園後は買い手が付かず遊具は放置され、10年後の2016年解体工事を始め、2019年に全て撤去された。

ここで廃墟となった「奈良ドリーム」の画像をどうぞ

最新情報をチェックしよう!