【拷問】ユダのゆりかご【閲覧注意】

今回は拷問「ユダのゆりかご」についてのご紹介。

突き刺す(直球)

「ユダのゆりかご」は中世ヨーロッパで行われていたとされる拷問方法。

  • 方法

裸にして、縛り上げる。上半身を紐で吊るして、腕を拘束する。

そして、「三角錐」を肛門に刺す!

肛門をブスリと突き刺すのである。単純ながら、非常に痛々しい😨

死因

地獄の様な苦しみを味わう事になる拷問。

この拷問は“洗わず、そのまま使い回していた“

そのため、この拷問で死ななくても「感染症」で死亡することも多かったという。

(文章にすると、少し可笑しい部分もあるが、実際は凄惨な拷問だろう)

最新情報をチェックしよう!