【日本霊異記】法華経を唱える髑髏のお話

ホラーなお話!日本霊異記下巻第一話、「法華経を唱える髑髏」のご紹介。

髑髏のお経☠️

昔、称徳天皇の時代。紀伊の国(和歌山)で教えを説いていた、徳の高い僧「永興禅師」の元に一人の僧がやってきました。いつも「法華経」を唱える信心深い僧でした。二人は互いを認め合い、修行に励んでいました。

「禅師よ、此処に来てもう一年も経つ。名残惜しいが、去らせて貰う。世話になったな。

「して、どこにいくのじゃ」

「伊勢国まで行って、法華経の教えを説くつもりだ」

「分かった」

こうして、禅師は僧を見送りました。

(達者でな)

これが今生の別れになるとはよもや思わなかった事でしょう。

二年後、熊野村の村人が山の中で法華経の声を聞いた。ヒエッ〜((((;゚Д゚)))))))

村人からその事を聞いた、禅師は“もしや“と思い、山に入りました。

 

 

 

 

 

「__________何と」

嘗て共に修行に励んだ友を前にして禅師は泣き崩れました。

感想

グリム童話の「歌う(此方はお経だが)髑髏」と似ているお話。

だけど、「ホラー」というよりかは、死んでも尚法華経を唱え続ける姿は、「貴い」としか言いようがない。

最新情報をチェックしよう!