【未解決事件】_神隠しと左の翼_「広島一家失踪事件」

忽然と姿を消し______ダムの中で発見された。

「広島一家失踪事件」について綴っていきます。

事件の概要

2001年6月4日に岡山との県境近くの広島県世羅町で山上一家4人(愛犬一匹)が忽然と姿を消した。

その後一年三ヶ月後。2002年9月7日に______

京丸ダムの中で一家四人は発見された。

車ごとダムの中に転落していたのだ。

一体何故…?

家族構成

遺体発見時は損傷が激しく、死因は判明していない。

山上政弘(父)

当時58歳。身長167㎝。地元でも有名な人であったらしい。ダムから見つかった車・トヨタスプリンターを所有していた。

・山上順子(母)

当時51歳。身長160㎝。社員旅行に行く途中であった。

・山上千枝(娘)

当時26歳。身長164cm。山上家の一人娘で美人で評判の女教師であった。両親とは別居していた。

・山上三枝(祖母)

当時79歳。政弘さんの母親、夫妻と同居。

・レオ(愛犬)

愛犬。

神隠しと謎

  • 消えた山上一家

2001年6月4日

この日は一家は社員旅行に行く日であった。

______
が、来なかった。

「山上さーん」職場の同僚が家を訪ねた。

人気は無く、電気だけは付いてた。

「?いないのかな?車がないけど…」

玄関は閉まっていたが、

何故か勝手口は空いていた。

不審に思った同僚が恐る恐る家の中に入った。

山上さん一家の姿は何処にもなかった。

同僚が警察に慌てて通報。事件は発覚した。

  • 家の様子

家の中には現金やカードが残されており、乱暴された後などは一切なかった。

旅行の準備をしていたと思われるバッグや朝食まで用意されていた。

まるで…ほんの少し前まで其処に居たように。

  • 失踪した時間帯

前日(6月3日)の10時半頃に近所の人が車を閉める音を聞いている。

翌朝4時には車は無かったと新聞配達員の証言から分かっている。

10時半頃〜翌朝4時までの間に失踪したと考えられる。

大将神山と神隠し

失踪した一家はついに見つけられず、一旦捜査は終了した。

__近所では或る噂が囁かれた。

「神隠し」

近くにある“大将神山”には昔からそういう噂があるそうだ…。「人が神隠しに遭う」と…。

真相は不明。だが無くは無い!

  • 遺体発見

2002年9月7日 遺体発見。

一家無理心中

警察は家の中の様子などから他殺はないとして、最終的に「一家無理心中」と判断された。

  • 無理心中について

この「無理心中」というのは確かに可能性が一番高い。

が、今から死のうとする人間が朝食を作ったり、旅行の準備をしているのは不自然。

また、夫婦仲も良く、家も裕福であったという。

…「表面上」はという可能性もゼロでは無い。

また、妻の不倫説でカッとなってしまったという説もある。

  • 日教組とのトラブル説

噂の域を過ぎないが、千枝さんが何らかの日教組との間にトラブルがあったという物。

日教組とは左翼思想で知られる団体。

______

様々な憶測が飛び交うが真相は不明。

多分、

永遠に分からない

と思う。

コメントお気軽に。

最新情報をチェックしよう!