【豆知識】レッサーパンダの名前の由来は実は悲惨【元祖パンダ】

レッサーパンダとジャイアントパンダ。

同じパンダだけど「パンダ」で思う浮かぶのは白黒の方。

だけど、最初に「パンダ」と呼ばれていたのはレッサーの方なんです!

じゃあなぜ「レッサー」がつくの?!

パンダとは「笹を食べる者」というネパール語で、元々「パンダ」といえば1835年に発見された「レッサーパンダ」の事を指しての名称だったのです。

悲しい哉、この“パンダ”を独り占めしていたレッサーパンダにある強大なライバルが現れます。

それが1869年に発見された「ジャイアントパンダ」です。

このジャイアントパンダ(大熊猫)が発見されて、元祖パンダは「レッサー」が付けられるようになりました。

このレッサー(lesser)は「小さい」という意味があります。また、「劣る、重要ではない」という意味もあり、どちらかというとそっちで捉えられる事も…

元祖パンダはレッサー!

コメントお気軽に。

最新情報をチェックしよう!