【都市伝説】地球空洞説とシャンバラ

地球空洞説について綴っていきます。

地底旅行の旅にようこそ!

地球空洞説

昔の人はこう思った。

「地球の中はどうなっているんだろう?」

確かに気になる…

決して立ち入る事など出来ないその場所に人類は希望を抱いた。

「きっと地球の内側には理想郷があるんだ!」

これが地球空洞説と理想郷(アガルタ)である!

歴史

ハレー彗星の軌道計算をした事で有名な天文学者ハレーが1692年に発表した事が発端とされる。(名前がややこしいなっ!)

その地底世界には理想郷「シャンバラ」が広がっているという伝説がある。

シャンバラとは

シャンバラはチベットに伝わる「伝説の理想郷」

敬虔な信者達が慎ましく暮らし、美しい山々、多数の王国が存在する理想郷。

うーん。

行ってみたい!

  • アガルタ王国

また、シャンバラと似た様な存在として、地球の内部には「アガルタ」という王国が存在するという都市伝説もある。

ヒトラーと地下世界

また、他にも様々な都市伝説があり、「ヒトラーは地下世界に逃げ込んだ」という説まである。

もしかしたらヒトラーは理想郷でよろしくやっているのかも…?!

実際どうなの?

さて、本当に地球の内部に、何かしらの“王国”があるのか______
 

 

 

 

 

 

 

 

 

可能性はほぼゼロ。

ニュートンの万有引力に従えば地球が空洞であれば無重力になってしまう。

ので、科学的には否定されている

 

 

 

 

 

表向きはね。

 

 

ドラえもん、地底旅行など様々なフィクション、SFのモチーフになっている「地球空洞説」

これからも私たちを楽しませてくれ事でしょう!

最新情報をチェックしよう!