CATEGORY

ネタ記事

【人志松本のゾッとする話】ガレッジセールゴリ「笑っていいとも」

怖さレベル:★(ゆっくりと見て欲しい) 人志松本のゾッとする話、ガレッジセールゴリさんの「笑っていいとも」のご紹介! まさかの ガレッジセールがゲストとして「笑っていいとも」に出演する事になった時の話。 ゴリにとっては「憧れの番組」であり、そこから“準レギュラー”のようなポジションまで確立した。 そして、芸人三組の中一組から「レギュラー」を決めるという話があり、毎回「勝負」であった。 ある日、収録 […]

【閲覧注意】「僕と野原ひろし 」について

深すぎる愛(?) 「僕と野原ひろし」についてのご紹介! 闇しかない 先ず、「野原ひろし」と言えばご存知クレヨンしんちゃんの主人公「野原しんのすけ」の父親。 “理想の父親”の代名詞の様な存在で、映画版では最早しんちゃんの活躍よりも、ひろしの活躍を期待している人も多い筈☺️ して、この「父親の理想像」に対して深い愛情を抱く人間も勿論いる。 それが、健全かは置いておいて。 僕と野原ひろし こちらが僕と野 […]

【人志松本のゾッとする話】_報われない恋_ 有吉弘行「パキスタン」

怖さ:★★★★★(色んな意味で…) 人志松本のゾッとする話、有吉さんの「パキスタンで」のご紹介! 神様は何も禁止なんかしていない 有吉が“電波少年”でヒッチハイク企画をやっていた時の話。 パキスタンの砂漠地帯で野宿をしていた。 寝ている時に、急にゾゾっと寒気がした。 見てみると、頭の所に機関銃を持った兵士がいた。 「何をしているんだ?」 その兵士が有吉に聞いてきた。 有吉が「ヒッチハイ […]

子供が見たら泣く‼︎「エルサゲート」とは

「エルサゲート」とは何なのか?簡単なご紹介! 子供向け(大嘘) エルサゲートとは、「子供向けではない、子供向け動画」 動画の内容は「ドラえもんが血飛沫を上げ、アンパンマンが嘔吐する」 だが、これ以上の説明のしようがない。実際に動画を見るのが早い。其れ相応に凄まじい動画。 また、この「エルサゲート」とはアナと雪の女王の「エルサ」から名前が取られている。動画少し寒いわ 有名なエルサゲートといえば、日本 […]

【都市伝説】ロシアの最高権力者はハゲとフサフサが交互に続く?「つるふさの法則」

ロシアの最高指導者は帝政時代から「つる(ハゲ)とフサフサが交互に続く」という謎のジンクスがある。(帝政期は“フサ”に女性が入っていたりと、正直無理やり感は否めない) リンク レーニン まず、初代ソ連最高指導者「レーニン」 (25でこれ) リンク スターリン レーニンに「少し分けてやれ」って思うほどにフサフサです。 マレンコフ フルシチョフ ハゲーー!!! ブレジネフ アンドロポフ チェルメンコ ゴ […]

【雑学】火星にある太陽系で最も高い山

地球で最も高い山は皆さんご存知「エベレスト(約8800m)」!(しかも最近ちょっと高さが伸びた) 日本が誇る「富士山(3776m)」の約2.3倍の高さ!デカい! だが、世界は、いや宇宙は広い_________ オリンポス山 現在分かっている範囲で最も大きい山、それは火星にある、 「オリンポス山」 高さは“約”2万6000千m! エベレストの約三倍の高さ!超ド級のスケール😅 富士山の七倍大きい。 ( […]

【人志松本のゾッとする話】千原ジュニア「松本と温泉」

人志松本のゾッとする話、千原ジュニアさんの「松本と温泉」のご紹介! あのジジイ〜 7.8年前に松本と温泉に行ったジュニア。 温泉に入ったらおっちゃんが入っていた。 「マッチャン…」「マッチャン…アクシュシテェ」 ベタベタしてきて、なんか気持ち悪い感じのおっちゃんだった。 温泉から出た時、松本のパンツがなかった。 「あのおっちゃんや、絶対あいつや」と、ジュニアは探った、その時 […]

【ハッピーセット】いちげきひっさつのアッパーカット!

いちげきひっさつのアッパーカット 2017年ドラゴンボール超とコラボしたおもちゃ。 「ベジータのアッパーカット」 みたら分かる。 よわいやつやん。顎パッカーン 「ボタンを押したらベジータが腕を上げる」ただこれだけ。 このベジータじゃサイバイマンにも負けそう。 リンク リンク リンク

ガチでいらないひみつ道具!「デビルカード」【ドラえもん】

ガチで要らない「ひみつ道具」!「デビルカード」のご紹介! 300円を貰える代わりに縮む 「一回降ると身長が1mm縮む代わりに300円を貰える」(3000円で1cm縮む) 余程身長が高すぎて困っている人か、生活困窮に陥っている人以外は使いたくないであろうひみつ道具。 また、このひみつ道具の恐ろしいところは「使用者の身長が縮む」のではなく、 「所有者の身長が縮む」 つまり、最初に発見して使った人。 も […]

【落語】_金はなくても情はある_「牛ほめ」

落語の演目「牛ほめ」のご紹介! 馬鹿でも良い 二十歳になる与太郎。頓珍漢で、ちょっと頼りない。父親はこんな息子に頭を抱えていました。 (そういえば、兄貴が新しく家を建てたな。それを褒めれば少しは息子を見直してくれるかも) 父親は与太郎に褒め言葉を教えます。 「良いか、与太郎。こう言うんだ。 “普請は総体檜造り、天井は薩摩の鶉木目 畳は備後の五分縁”お見事ですなあ」白々しくも、物に聡い様な言い分です […]