CATEGORY

未解決

【未解決事件】「静岡県伊東市男児失踪事件」

未解決事件「静岡県伊東市男児失踪事件」について綴っていきます。 事件の概要 1965年7月3日午後4時ごろ、静岡県伊東市宇佐美区で鈴木俊之くん(当時7歳)が「遊びに行く」と言って行方不明になった。 事件の流れ 二日後の12時半ごろ、俊之くんが住んでいるアパートから200メートル離れたホテルに電話がかかる。女の声だった。 「お宅の近所で子供がいなくなったそうですが、本当ですか?それに間違いありません […]

【未解決事件】ドイツ史上最大の謎「ヒンターカイフェック事件」

謎多き未解決事件「ヒンターカイフェック事件」について綴っていきます。 事件の概要 1922年ドイツのバイエルン州で起きた事件。 人里離れた農村で突如として「一家五人と使用人一人が殺害された」 事件の流れ 事件発生日(31日)から四日後(4月4日)に遺体発見。 農場主(63歳)、妻(72歳)、娘(35歳)の長女(7歳)と長男(2歳)、使用人(44歳)の六人が無残な姿で見つかった。何度も殴打され、農場 […]

【未解決】行方不明になった「風船おじさん」について【リアルカールじいさん】

空に飛び立ち、そのまま行方不明になった「風船おじさん」こと「鈴木嘉和」失踪事件について綴っていきます。 風船おじさんって? 先ず、風船おじさんについて簡単に。 鈴木嘉和氏は44歳の時に元々音楽教材販売や雀荘など様々な事業を経営していたが、上手くいかず倒産。五億円の負債を抱えていた。 風船をつけたゴンドラ「ファンタジー号」による太平洋横断で借金を返済すると言っていた。 ドユコト!? 無限の彼方へ こ […]

【未解決事件】レッドヘッド・マーダーズ【これぞ本当の赤狩り】

未解決事件「レッドヘッド・マーダーズ」について綴っていきます。 事件の概要 1978年から1992年にかけて「赤毛の女性」が殺害された事件。 被害者 被害者は6人から11人と考えられているが、実際の被害者数は分かっていない。身元が判明しているのは4人のみ。 分からない事だらけ。 しかし、被害者に共通する点はある。 赤毛 遺体が道路沿いの放置されている また、「売春」などの仕事をしていたのでは?とい […]

【未解決事件?】ラトクリフ街道殺人事件

切り裂きジャックと並んで19世期の非道と残虐を象徴する、事件「ラトクリフ街道殺人事件」について綴っていきます。 事件の概要 1811年12月7日の夜、ラトクリフ街道の洋品店で一家七人が惨殺された。 被害者 店主夫婦、息子である三ヶ月の赤ん坊、店員の少年四人。 店主の妻は頭部を叩き潰され、店主の少年は頭部を滅多打ちにされた上に飛び散った脳が散乱しており、赤ん坊は顔面が叩き潰され、首が胴から切断しそう […]

【怪事件】「自殺の実験をした男の子」

一体なぜ?! 「自殺の実験した男の子事件」について綴っていきます。 謎のメモ 1994年12月 埼玉県寄居町の中学二年生の男子が所属していたテニス部の部室で首を吊っているのを発見された。 遺体のすぐそこには謎のメモ(遺書?)があった。 以下内容、 「実験はじめ。よくテレビとかで「いじめ自殺」とかいっているが、これはぜんぜんちがう、実験なのだ。オレがいじめで自殺するわけがない。これは実験なのだ。その […]

【未解決事件】_熊か、鷲か_イスダルの女 【ノルウェー】

未解決事件「イスダルの女」について綴っていきます。 風化はさせちゃダメ‼︎ 事件の概要 1970年11月29日ノルウェー西部のイスダル渓谷で女性の焼遺体が発見された。 被害者の状況 女性は原型を留めていないほどに焼けただれ、指紋は削り取られていた。警察は何らかの事件だとして、捜査を始めたが情報は全く掴めなかった。 この女性は「イスダルの女」と呼ばれ話題になった。 遺留品? 事件から二日後、ベルゲン […]

洗脳ゲーム?!ポリビアスについて【都市伝説】

プレイした人が洗脳される謎のゲーム「ポリビアス」についてのご紹介! 洗脳ゲーム 1981年オレゴン州ポートランドのゲームセンターにあったとされる「ポリビアス」 このゲーム、非常に中毒性があり、長蛇の列が出来るほどであった。 …このゲームをプレイした人はその後、「幻覚や不眠症に悩まされた」 メイインブラック また、定期的にこのゲームの筐体に黒服の男が来ていたという話がある。 黒服の男の噂 […]

【未解決事件】誰が「ダテハクタカ」を負傷させたのか?!【ダテハクタカ事件】

未解決事件「ダテハクタカ事件」を綴っていきます 風化はさせちゃダメ! ダテハクタカとは 1968年にデビューした競走馬。 菊科賞、阪神大賞典で好成績を収め、障害競走の「中山大障害」では有力馬として大いに注目された。 非道な行い 1972年、中山大障害(春)で事件は起きた。 ダテハクタカが中山競馬場のパドックに移動した所、突如暴れ出し、右後脚の蹄鉄が外れた。 「何事だ?!」 最初は馬の興奮状態かと思 […]

【今昔物語集】油が盗まれた怪事件「仁寿殿台代御灯油取物来語」

今昔物語集 巻27第10話 油を盗む謎の怪異譚のご紹介! 油取り 今は昔、延喜の事。 仁寿殿(平安宮)にある灯油が毎晩盗まれるのです。時の天皇はこの事を不信に思い、「源公忠」に犯人を突き止めるように命じました。 さて、公忠は大雨の真夜中に犯人を待ち伏せすることに。すると、物音が聞こえてきました。 (こいつだ) 公忠は飛び出して見ると、灯油は独りでに浮いていました。夢か幻か、公忠は目を疑ったが、すか […]