CATEGORY

寓話

【故事成語】美人の真似をしても…(^◇^;)「西施の顰みに倣う」【荘子】

自由奔放な荘子(天運)の寓話の一つ「西施の顰みに倣う」のご紹介! 絶世の美女の顰み面 古代中国に「西施」という人物がいました。西施は越王勾践が惚れ込み、王昭君・貂蝉・楊貴妃と並ぶ「中国四大美人」の一人に選ばれるほどの美女。 西施が病で故郷に帰ったときのことです。胸を押さえて、眉を顰めて歩いていました。 流石は絶世の美女。顔を顰めても、なんとも言えぬ風情があり、「寧ろ、こっちの顔の方が好み😍」と言わ […]

【イソップ寓話】悪口を言い合う豚と犬

イソップ寓話「悪口を言い合う豚と犬」のご紹介! あらすじ 豚と犬がお互いを罵り、口喧嘩をしていました。 🐷「お前なんか、アフロディーテの女神様にかけて食い裂いてやる!」 犬はこう言い返しました。 🐶「ほぉ、アフロディーテ様ねえ。あんた気に入られているみたいね🤣 あんたみたいな汚らわしい物を食べた人間を神殿には入れないんだもの」 🐷「へん。おいらを可愛がってくれる証拠さ」 🐶「くさいお前をかい、ああ […]

【イソップ寓話】_仇同士_「農夫と蛇」

イソップ寓話「農夫と蛇」のご紹介! あらすじ 農夫の息子がうっかり蛇を踏んでしまい、足を噛まれて死んでしまいました。農夫は涙が枯れるほどに嘆き、仇を取ると誓いました。 農夫は蛇が出てくる穴で待ち伏せをしたのです。 蛇がニョロニョロ〜と、穴から出てきた時、持っていた斧を思いって切り振り下ろしました❗️ズバッ! しかし、狙いが外れ、蛇の尻尾だけを切り落としたのです。蛇は直ぐに隠れてしまいました。 仕返 […]

【イソップ寓話】_禍福は_「石を引き上げた漁師」

イソップ寓話「石を引き上げた漁師」のご紹介! あらすじ 漁師達が地引網を曳いていました。 (お、おもい…) 余りにも網が重かったので、大漁だと思って皆ウキウキしながら引っ張りました。 (あれ?) 浜に引き上げられると、魚は少ししか獲れておらず、網の中は木や石ばかりでした。 ガーーーーン😱 或る者は憤り、或る者は肩を落としました。 そこに一人の老人が言いました。 「皆、気を悪くするのでは […]

【イソップ寓話】「二匹のカエル」

イソップ寓話「二匹のカエル」のご紹介! あらすじ ある所に、二匹のカエルがいました。 夏になると、井戸の水が干上がってしまったので、遠くに旅に出ました。 旅を続けていくと、大きな井戸がありました。そこには水も沢山あったので、一匹のカエルが飛び込みました。だけど、もう一匹のカエルはじっと飛び込んだカエルを見ていました。 「何故君はこないのだ‼︎こんなに水が沢山あるというのに」 「…この井 […]

【イソップ寓話】「お爺さんと死神」

イソップ寓話「お爺さんと死神」のご紹介! あらすじ 山で薪を集めて、積んでいたお爺さん。 お爺さんは帰り道で草臥れて、自棄になりました。 「疲れた、もう、嫌だ。いっそ死んだ方が楽だ。死神よ、出るなら出てこい!」 すると、空から、大きな黒い死神がやってきました。 「呼んだ?まだ寿命あるけど、もう行く?」と、鎌を撫でながら言いました、 「あっ、いや、ちょっとこの薪を持ってくれませんか…^^ […]

【イソップ寓話】「内臓を吐く子供」

イソップ寓話「内臓を吐く子供」のご紹介! 内臓がないぞう 野原で神様に捧げる牛を焼く人が隣人を招いた。そこに一人の貧しい女が子供を連れてやってきた。 子供は葡萄酒と内臓…これは言葉はアレだが、お肉をしこたま食べていた。口からはちきれんばかり。 すると、息子が「母さん、内臓が出るよう」と言った。 母親は笑って答えた、 「かわいい坊や、それはお前の内蔵ではなく、お前が食べた内臓だろう」 教 […]

【イソップ寓話】「家柄を競う狐と猿」

イソップ寓話「家柄を競う狐と猿」のご紹介! 家柄自慢 猿と狐が“家柄自慢”をしていました。 どっちが偉いだの、どっちかが強いだの不毛な争いをしていました。 その時、猿が突然走り出して墓の前で泣き出しました。 狐がなぜ泣いているのか尋ねると、この墓はご先祖様に仕えた奴隷や召使の墓だという。 狐も流石に絶句。 教訓? 嘘つきはバレない時は大ボラを吹く‼️ 「死人に口なし」墓まで出して、嘘をつく猿には逆 […]

【イソップ寓話】鼬とアプロディーテー

イソップ寓話「鼬とアプロディーテー」のご紹介! 鼬の性 一匹の鼬(イタチ)がネズミを狩っていると、一人のハンサムな若者を見つけました。 ドキーン!一目惚れです。 恋焦がれた鼬はアプロディーテー神殿に行って、人間になれるようにお願いしました。すると、アプロディーテーが現れて、鼬を美女に変えてやりました。 その若者とも恋仲になり、寝室で夜もすがら、愛を確認していた時のこと、アプロディーテーは「本当に人 […]

【イソップ寓話】_ロンよりショウコなんだ_ネズミの相談

イソップ寓話「ネズミの相談」について綴っていきます! 誰がやる? ネズミと猫、相入れぬ天敵。が、窮鼠猫を噛む。ネズミ達は猫に対して対策を練ることに。 「同志一同!整列」 🐀🐀🐀 「我らは忌まわしき猫に虐げられてきた!何か奴に一矢報いる策はないか?」 「ありますとも、猫の首に鈴をつければ奴の居場所がすぐに分かります!」 手を挙げたのは最も賢いネズミでした。 「良策だ!では、誰か猫に鈴を着けに行ってこ […]