CATEGORY

廃墟

【廃墟】「奥多摩湖ロープウェイ」

廃墟「奥多摩湖ロープウェイ」のご紹介。 奥多摩湖にあるスポット 1957年に造られた人工湖“奥多摩湖”及び奥多摩の「観光」「登山」目的として1962年にロープウェイが営業を開始した。 翌々年には東京オリンピックがあり、大いに観光客で賑わったが、次第に寂れ1966年には営業を停止。 そして9年後の1975年に運行休止を正式に発表。 廃墟として ゴンドラ、施設などはそのまま放置され現在でも見ることが出 […]

【廃墟】東ドイツ最大の遊園地「シュプレーパーク」

廃墟「シュプレーパーク」のご紹介! 東ドイツ最大の遊園地 1969年冷戦の真っ只中にあったドイツ。この年、東ドイツで“唯一”の遊園地が開園した。 西側と比べるとやや簡素な作りであったが、45mの観覧車が売りで、1970年代には170万人が訪れることもあった。 鉄のカーテンの終わり 1990年にドイツが統一され、この年から経営者が変わり、「シュプレーパーク」と名付けら、ローラーコースターなど”西欧“ […]

【廃墟】_試させる大地と王国_「グリュック王国」

廃墟「グリュック王国」のご紹介! 北海道の中にあるドイツ 北海道帯広市に1989年7月1日に開園した「グリュック王国」(直訳すると、幸せの王国) グリム童話、中世ドイツの街並みの再現したメルヘンチックなテーマパーク。 1991年から1992年までは入場者数70万人を超え、大いに繁盛していたが1997年頃から入場者数が落ち込み、また運営を行っていた「ぜんりんレジャーパーク」自体が赤字であり、経営不振 […]

【廃墟】まるで宇宙船! ブズルジャ記念館【旧ブルガリア共産党ホール】

今回は世界四大廃墟の一つ「ブズルジャ記念館」のご紹介! (旧ブルガリア共産党ホールと名称される場合もあるが、実際はこちらが正式名称) 今は亡きインターナショナル ブルガリア共産党の記念館としてバルカン山脈に1981年に建てられた「ブルナジャ記念館」ぽつんとね。 中にはマルクスおじさん、レーニンおじさんの肖像画もあった。 在りし日の姿。 嘗てはお偉いさん用の宿泊施設やレストランなどもあり、賑わいを見 […]

廃墟マニアの心を擽る「海に浮かぶジェットコースター」【カジノピア】

今回は“海の中”にあったジェットコースターについて綴ります! 廃墟マニアの心をくすぐる 先ず、こちらの画像を見て欲しい。 出典 はい、こちらの画像を見て、 「美しい」と思った貴方はもう友達です。 「海に浮かぶジェットコースター」 なんとも幻想的なのでしょう。ノスタルジック感が半端じゃないです。 リンク そもそも だけど、このジェットコースターは実は「廃墟ではない」 なんでこうなったの? アメリカニ […]

【廃墟】日本のディズニーランド「奈良ドリームランド」

日本の廃墟「奈良ドリームランド」のご紹介! 日本のディズニーランド 奈良ドリームランドは1961年から2006年まで開園していた遊園地。奈良公園から車で10分ほど。 日本のディズニーランド 第二次世界大戦後、駐屯していた米軍基地の一部が接収され奈良ドリームランドの敷地の一部になった。 開園のきっかけは実業家の松尾國三がアメリカのディズニーランドに感激し、ウォルトディズニーと直接面会して日本に誘致し […]

【廃墟】_在りし日の賛美歌_「ゲーリー・メソジスト教会」

廃墟「ゲーリー・メソジスト教会」についてご紹介❗️ 最高峰の廃教会 廃墟で、教会。 アメリカ合衆国インディアナ州ゲーリーにある”廃墟の教会“「ゲーリー・メソジスト教会」 アメリカではかなり有名な廃墟として名を馳せている。 画像引用 20世紀初頭に建設され、嘗ては3000人を超える会衆を集めた事もあった。 然し、USスチールの業績悪化に伴いゲーリーが衰退。裕福な白人の移住が相次ぎ、教会の会衆は離れた […]

【廃墟】ホームブッシュ湾の難破船【オーストラリア】

廃墟「ホームブッシュ湾に浮かぶ難破船」のご紹介。 自然と工業の共存 先ず、こちらの画像を見て欲しい。 う、美しい…😍 全世界に10億人はいるであろう廃墟マニアじゃなくてもこの画像は美しいと感じるのではないか! (画像では分かりにくいが、実際はシドニーの都市が近くにある) 何故こうなった? この船は1911年にイギリスで造られ、「エスエス・エアフィールド号」と名付けられる。主に石炭の輸送 […]

【黒い任天堂】シーキンセツについて【ブラック企業】

「シーキンセツ」ポケモン「ORAS(ルビーサファイアのリメイク」に出てくる施設(ダンジョン) これが中々闇が深いのだ。 朝のアイサツ腹から声を 職場にポケモン持ちこむべからず 遅刻厳禁 残業上等 安全確認に身体を張れ チームワークで連帯責任 上司の命には絶対服従 守れ品質 捨てよ理性 崇めよ讃えよ創業者 休みたがりません定年までは 考えるな 働け [入り口の看板] シーキンセツの真実 シーキンセツ […]

【廃墟】七十年間進む事はなかった「車の墓場」

ベルギーにある廃墟(?)のご紹介! 進む事はない ベルギー南部・シャティヨンの森で、車が放棄された。 何故こうなった? 「第二次世界大戦中の西部戦線で戦っていた米軍の兵士たちが戦争が終わった後に打ち捨てた」という話もあるが、実際は「戦後」に造られた古い自動車の“捨て場”という見方が強い。 リンク リンク リンク