CATEGORY

日本昔話

【まんが日本昔ばなし】「すりばちをなめた猫」

まんが日本昔ばなし「すりばちをなめた猫」のご紹介! あらすじ 昔、土佐に要蔵という男が住んでいました。悪人ではないのですが、何をやっても失敗続き。酒に浸る日々を送っていました。 来るものといえば、盗み食いをする野良猫くらい。 「全くオメェが来たというもの、ろくなことがねえッ!!!」 この猫が来てから不運続き。鬱憤が溜まった要蔵は猫を追い出しました! 要蔵がチクショ!と言って物を蹴ると、壺が頭から降 […]

【まんが日本昔ばなし】_ 柔能く剛を制す_「赤神と黒神」

まんが日本昔ばなし「赤神と黒神」のご紹介! あらすじ 昔々、十和田湖に大層美人な女神様が住んでいました。女神様は毎日美しい声で歌い、その声は男鹿半島に住む「赤神」の所まで聞こえました。 その声に赤神は自分を呼んでいる様な気がして、言ってみることに。自意識過剰w 笛を吹いて、歌い、次第に赤神と女神様は仲良くなりました。 ちょうどその頃、津軽の龍飛に住む「黒神」の元にも女神様の声が聞こえてきました。黒 […]

【まんが日本昔ばなし】「梨とり兄弟」

まんが日本昔ばなし「梨とり兄弟」のご紹介! あらすじ 昔々、ある家に三人の兄弟と母親が住んでいました。 ある日、母が重い病に罹ってしまいまいました。 「オラ、山梨が食べてえなあ」たった一言、そう言ったのです。 山梨は深い山奥の沼にあるとの事でした。母親思いの兄弟はなんとか取ってこようと太郎が出発しました。 歩いていくとお婆さんに出会いました。このお婆さんは助言をしてくれましたが、太郎は讒言だと思い […]

【まんが日本昔ばなし】「死人とめおと」

まんが日本昔ばなし「死人とめおと」のご紹介! あらすじ 昔々、越後国のある村に太助という百姓がおりました。この太助、働き者でしたが三十になっても縁がなく独身でありました。あっ… ある日、太助は仕事を早く切り上げると村の鎮守の神様に縁結びをお願いしました。 すると、鎮守の神様が現れて「この歳で嫁が来ないのはおかしい(^◇^;)」と煽り心配をしてくれました。神様が人別帳を調べてみると、「太 […]

【今昔物語集】お経を聞いた鼠!「天竺僧房天井鼠聞経得益語」

今昔物語集から、「お経を聞いた鼠」のご紹介! 今昔物語集四巻十九話「天竺僧房天井鼠聞経得益語」 経を聞く鼠 今は昔、天竺(インド)で仏陀が涅槃に入って間もない頃でした。この地で法華経を唱え続けているお坊さんがいました。さて、月日も過ぎ去り、数多の年を重ねると、お経を聞きに鼠がどんどん集まってきました。その数500匹ほど。 僧も鼠に法華経を聞かせて、可愛がっていましたが、ある日突然やってきた60匹の […]

【まんが日本昔ばなし】_ここに死体の山を築こう_「不思議なコマ犬」

まんが日本昔ばなし「不思議なコマ犬」のご紹介! あらすじ 昔々、金沢の町外れに小坂に伝燈寺という寺があり、そこにはかつどう和尚が住んでいました。 この寺の二匹の木彫りの狛犬が近侍堂を護っていました。この狛犬はかつて村を苦しめた猪を退治したという言い伝えがあったのです。 ある吹雪の日に孫を抱いた爺さんが謎の犬寺を訪ねてきました。曰く「狼に噛まれた」とのこと。 (とうとうこの近くまでやってきたか […]

【まんが日本昔ばなし】_生草坊主_天王寺かぶ

まんが日本昔ばなし「天王寺かぶ」のご紹介! 大食らい和尚 昔、高知県の須崎池の内という所に大善寺というお寺がありました。この寺の和尚はとても食い意地が張っており、いつも何か食べていました。 さて、この和尚さんは寺の池に朝晩やってくる鴨が食べたくて仕方がありません。焼き鳥、鴨南蛮なんでも浮かびます。中々の生草坊主 和尚さんは水に漕ぐって、鴨に縄をくくりつけました。その時、 「ぶわっくしょん!」と和尚 […]

【まんが日本昔ばなし】_月を動かす_「猪と月」

まんが日本昔ばなし「猪と月」のご紹介! あらすじ 昔々ある晩の事、山に住む動物達が明るく照らしてくれるお月様に感謝の意を示そうと、十五夜に芸を披露しようと決めました。 他の動物達は自信満々ですが、猪だけは芸を持っていなかったので仲間外れにされてしまいました。 「ウワハッハッハッハッハッハ!!!🤣」 獣はいるけど、除け者もいる。陰湿なモンです。 猪が泣きじゃくって家に帰ると弟が「俺たちにも出来る事が […]

【まんが日本昔ばなし】「万年寺の御好し狸」

まんが日本昔ばなし「万年寺の御好し狸」のご紹介! あらすじ 昔、滋賀の上砥山に寅吉という腕のいい大工がいました。寅吉は万年寺という峠を越して毎日親方の方にやってくるのです。 寅吉は飲兵衛で、酔うと寝てしまう悪い癖がありました。途中の峠道で寝ているのを誰かが家まで送り届けてくれるでした。 やがて、寒い冬がやってきました。寅吉はいつものように峠道で寝てしまいました。 真冬という寒さで凍え死にしそうにな […]

【まんが日本昔ばなし】「馬のねがい」

まんが日本昔ばなし「馬のねがい」のご紹介! あらすじ 昔、静岡に清八という馬飼いがいました。馬の「アオ」とても賢い馬でしたが、年老いて今では働く事が出来ません。それでも清八はアオと一緒に暮らしていました。 ある晩のこと、旅の六部(巡礼僧)がやってきました。清八は快く泊めてやりました。 _____ 六部はあろう事か布団を盗もうとしたのです。 さて、六部が逃げ出そうとすると、後ろで何かが引っ張いる。振 […]