CATEGORY

歴史

【都市伝説】浦島太郎のモデルは徐福?!

今回は「浦島太郎は徐福説」について綴っていきます! 始皇帝の夢と徐福 中華を初めて統一した「秦の始皇帝」 中華の全てを手に入れた男が唯一恐れた物。其れが_____ 「死」 始皇帝は「死」を恐れて「不老不死」になろうとした。 徐福は始皇帝に「東方の三神山(蓬莱山とも呼ばれる)に不老不死の霊薬がある」と言った。始皇帝は喜び、三千人の従者を付けて霊薬を取ってくる様に命じた。 リンク 浦島太郎と徐福 こう […]

【拷問】ユダのゆりかご【閲覧注意】

今回は拷問「ユダのゆりかご」についてのご紹介。 リンク 突き刺す(直球) 「ユダのゆりかご」は中世ヨーロッパで行われていたとされる拷問方法。 方法 裸にして、縛り上げる。上半身を紐で吊るして、腕を拘束する。 そして、「三角錐」を肛門に刺す! 肛門をブスリと突き刺すのである。単純ながら、非常に痛々しい😨 死因 地獄の様な苦しみを味わう事になる拷問。 この拷問は“洗わず、そのまま使い回していた“ その […]

【廃墟】まるで宇宙船! ブズルジャ記念館【旧ブルガリア共産党ホール】

今回は世界四大廃墟の一つ「ブズルジャ記念館」のご紹介! (旧ブルガリア共産党ホールと名称される場合もあるが、実際はこちらが正式名称) 今は亡きインターナショナル ブルガリア共産党の記念館としてバルカン山脈に1981年に建てられた「ブルナジャ記念館」ぽつんとね。 中にはマルクスおじさん、レーニンおじさんの肖像画もあった。 在りし日の姿。 嘗てはお偉いさん用の宿泊施設やレストランなどもあり、賑わいを見 […]

【故事成語】_“漱石”の由来_石に枕し流れに漱ぐ

故事成語「石に枕し流れに漱ぐ」のご紹介‼︎ 出典 『晋書』孫楚伝 石の流れに口を漱ぎ〜、 三国時代末期、孫楚という人物の若い頃の話。 「俺ぁ、老子、荘子の様な生き方がしたい。 石に口を漱ぎ、流れに枕する」と、友人に言いました。 すると、友人は「どうすれば石で口を漱ぎ、流れを枕に出来るんだ^^」と笑いました。これは言い間違えだったのです。 孫楚はムッとして答えました。「許由を知っているだろう?許由は […]

【豆知識】「紅一点」は元々女性を指す言葉ではなかった。

「多数の男性の中に女性が混じる事」 これを「紅一点」と言いますが、元々女性を指す言葉ではなかったです‼︎ 元ネタ 「紅一点」は北宋の詩人王安石が作った詩「詠柘榴詩」が由来なのです。詩の中で「万緑叢中紅一点」という言葉があり、「一面緑の草原の中に一輪だけ咲いている赤い柘榴」 これが転じて、現在の「紅一点」の意味になったのです。中々洒落ている話ですね🤔

【日本神話】_悪い事はしちゃいけないよ_因幡の白兎

因幡の白兎のご紹介! オオクニヌシと因幡の白兎 むかしむかし、神話の時代のお話。 ヤガミヒメという娘に会うために因幡国に向かっていた八十神(オオクニヌシの兄弟)は大穴牟遲神(オオアナムジ、後のオオクニヌシ)をパシリこき使っていた。 (以下、オオクニヌシ) 八十神は因幡に向かう道中で一匹の皮を剥がれた白兎(現在は赤兎)を見つけた。 「助けてください…」ウサギが助けを乞うても、オオクニヌシ […]

【豆知識】真実の口はマンホールだった

嘘つきは手を取られる😱 ローマの休日でもお馴染みの「真実の口」 実はこれ__________ 「マンホール」だったんです! 諸説あり! 何故?! 先ず、真実の口は作者が分かっておらず、具体的にいつできたかも不明なのです。 そもそも真実の顔のモチーフですら、ギリシャ神話の「オーケアノス」だとされていますが、これも定かではないのです❗️ 謎謎だらけ😂 この真実の口の元々の用途は「マンホール」だったとい […]

【豆知識】熊のぬいぐるみは何故「テディベア」と言うのか

今回は「テディベア」の由来についてのご紹介!何故“テディ”なのか?! 外交は棍棒でも熊には優しい 第26代アメリカ合衆国大統領「セオドアルーズベルト」の逸話が由来。 1902年秋に熊狩りに出掛けたルーズベルト大統領は傷付いた熊を見つけた。 最後の一発は大統領に、同行していたハンターが催促するも、拒否。 「瀕死の熊を殺すのはスポーツマンシップに反する」として熊を殺さなかったルーズベルト大統領 これが […]

【都市伝説】ロシアの最高権力者はハゲとフサフサが交互に続く?「つるふさの法則」

ロシアの最高指導者は帝政時代から「つる(ハゲ)とフサフサが交互に続く」という謎のジンクスがある。(帝政期は“フサ”に女性が入っていたりと、正直無理やり感は否めない) リンク レーニン まず、初代ソ連最高指導者「レーニン」 (25でこれ) リンク スターリン レーニンに「少し分けてやれ」って思うほどにフサフサです。 マレンコフ フルシチョフ ハゲーー!!! ブレジネフ アンドロポフ チェルメンコ ゴ […]

【スポット】韓国人の嫁取り「戸沢村」

日本の面白い(?)場所?「戸沢村」のご紹介! 韓国人の嫁取り 戸沢村とは山形県最上郡にある小さな村。人口は4千人。 他の過疎村の例に漏れず、人口減少が著しく、1980年以降に村がとった対策が「韓国から嫁を取る」事だった。 1997年には”韓国風“道の駅「とざわ」が出来た。 公式HP 映えること間違いなし。皆さんも行ってみては?! リンク リンク リンク