CATEGORY

歴史

【故事成語】余計な付け足しはするな!「蛇足」

蛇の足がニョロニョロー、え、それは「蛇足」?! 今回は「蛇足」についてのご紹介! 出典 戦国策「斉策」 それは「蛇足」ですな 縦横家である「陳軫」が斉の王様から「魏に勝って、斉に攻めようとしている昭陽将軍を止めてくれ( ; ; )」と頼まれます。 陳軫はすぐに出向いて、昭陽将軍と会談しました。 「昭陽将軍、貴方は既に魏軍を打ち破り、位人臣を極めた。たとえ斉を攻めても最早功はない。だが、失敗をしたら […]

【ミステリー】殺生石と玉藻前伝説

「女氏無くして玉の輿に乗る」 玉藻前伝説についてのご紹介! 上皇の寵姫 子の恵まれない夫婦の間に光り輝く美しい女の子が誕生。成長していくにつれて美しさはどんどん増し、まるで古の「傾国の美女」を彷彿とさせる様な妖艶な魅力を持つ美女に。 「😍」 時の上皇であった鳥羽上皇の目に留まり、“玉藻前”と呼ばれて寵愛を受けた。美貌だけではなく、故事や漢文にも長けた博識な女性だった。 暗雲 しかし、この玉藻前と一 […]

【雑学】熊本城は食べられる。

もう一度言います。 「熊本城は食べられる」 熊本城は食べられる 熊本城は安土桃山から江戸時代に活躍した、豊臣秀吉の家臣「加藤清正」によって築城されました。 「黒い天守、行手を阻む武者返し、複雑な通路、無数の櫓」見る者を、いや、攻める者を圧倒させる“天下の名城”の一つと言えるでしょう❗️ そんな「熊本城」には様々な工夫がこなされ、その中でも面白いのが、「城そのものを食べる事が出来る」 なぜ?! 熊本 […]

【京都】老ノ坂と酒呑童子【首塚大明神】

老ノ坂に今でも眠る鬼の首! 都を恐怖に陥れた「酒呑童子」についてのご紹介! 神隠しの犯人 一条天皇の時代に、女や若者がつぎつぎと神隠しに逢う事件があった。 陰陽師「安倍晴明」に占わせた。 「犯人は___大江山に住む鬼です!」 直ちに「源頼光」「藤原保昌」「頼光四天王」らに討伐に命じた!(この四天王の中には成人になった“金太郎”もいた) 鬼退治 鬼の首領が”酒呑童子👹“と呼ばれ、たいそうな酒好きとい […]

【歴史】事実は小説より奇なり!ヒトラーを女の子にしちゃおう!「ヒトラー女性化計画」

最も有名な独裁者「アドルフー・ヒトラー」 彼を女性にするプロジェクトがあったのだ。 「どこの同人ゲームだ?!」と、言いたいところだが、 これは_____      実際に行われた作戦の一つ。 リンク ヒトラー女性化計画 時は第二次世界大戦、手強いナチスに連合国各国は困っていた。 「どうにか、ナチスの総統ヒトラーの影響力を下げさせたい」 アメリカの諜報機関「戦略諜報局(OSS)」があるプランを思い付 […]

宇宙犬「ライカ」【人類を宇宙に導いた犬】

人類のために犠牲になった犬…「宇宙犬ライカ」のご紹介! 20世紀のノアの方舟 アメリカとソ連が新たな世界、「宇宙」を巡ってお互いが“冷たい戦争“を繰り広げていた「宇宙開発競争」 1950年代から、60年代までソ連は「人類は宇宙に行けるのか」という”実験”のために犬を宇宙に繰り出した。 その中で宇宙から地球を初めて一周した動物は「犬」だった。 人類を動かした犬 1957年11月3日、ソ連 […]

【今昔物語集】これぞ武士道!「源宛平良文合戦語」

今昔物語集25巻第三話「源宛平良文合戦語」のご紹介! これぞ武士道 今は昔、東の国に「源宛」と「平良文」という二人に優れた武士がいました。 この二人はお互いが武功を争うあまり、次第に仲が険悪に。 良文に従う郎等が「宛はあなた(良文)を馬鹿にしていますよ!」と、けしかけたせいで、良文は激怒。口喧嘩の末に二人は戦いにまで発展。 双方、軍を引き連れて、向かい合いました。 宛と良文は「兵を死なす必要はある […]

【ブリカス!?】イギリスとサッカーの起源について【知らない方がいいかも】

世界で最も競技人口の多いスポーツ「サッカー」は「イギリス」で発祥したと言われています(諸説あり) では、サッカーはどうやって生まれたのか? その始まりは_____            人間の頭をボールにしていた   (諸説あり) お前ボールな 8世紀頃、イングランドでは敵将の首を取って勝利を讃えた。ある日、敵将の首を蹴った。 「これが意外と面白い」 そうして、蹴り合いになり、燥ぎまくった。 これ […]

【故事成語】太陽や月が落ちてくる?いや、其れは「杞憂」

今回は故事成語「杞憂」の成り立ちと意味のご紹介。 出典 『列子』天瑞第一、第十四章 杞國有人憂天地崩墜身亡所寄廢寢食者又有憂彼之所憂者因往曉之曰天積氣耳亡處亡氣若屈伸呼吸終日在天中行止奈何憂崩墜乎其人曰天果積氣日月星宿不當墜邪曉之者曰日月星宿亦積氣中之有光耀者只使墜亦不能有所中傷其人曰奈地壞何曉者曰地積塊耳充塞四虚亡處亡塊若躇歩蹈終日在地上行止奈何憂其壞其人舍然大喜曉之者亦舍然大喜長廬子聞而笑之曰 […]

【歴史】アケメネス朝のペルシャ兵五万はどこに消えたのか?【集団失踪】

数ある集団失踪()の中で恐らく最多❗️ 一度に「5万人」が消えた謎の失踪事件をご紹介! 時は… 時は紀元前525年、アッシリア帝国が滅び、新たに古代オリエント世界を支配したアケメネス朝ペルシャ帝国。 王であるカンビュセス二世は更に版図を広げようと、カルタゴやエチオピアにも遠征した。 …ここで不気味な失踪事件が起きた。カンビュセス二世はリビア方面に精鋭5万人を派遣した。 この […]