CATEGORY

UMA

【UMA】_名前はかわいいけど恐ろしい_「ニャミニャミ」【蛇神】

UMA「ニャミニャミ」のご紹介! 現代先取りのネーミングセンス 「ニャミニャミ」はご当地ゆるキャラでも、ましてや萌えキャラでもない。 ____________ というか神様。 生態 南部アフリカのザンベジ川に住んでいるとされる巨大生物。 古くから信仰されてきた神様で、現地住民は「ニャミニャミの怒り」を恐れて、カリバダムの建設を反対したが、特に災いは起きていない。 それどころか、現在はカリバ湖に住ん […]

【UMA】池田湖に潜む巨大水棲生物「イッシー」【ご当地◯ッシー】

UMA「イッシー」のご紹介‼︎ 池田湖のイッシー 1961年頃から鹿児島県指宿市池田湖で「巨大水棲生物がいる!」と噂され、1978年に法事で集まっていた二十名程が同時に目撃したと証言した。 これが話題になり、池田湖に潜む巨大水棲生物「イッシー」と名付けられた! 名前はご存知の通り、ネス湖の「ネッシー」からパク取られている。 正体 「巨大ウナギ説」などネッシー同様に様々な説が挙げらているが、今尚正体 […]

【UMA】善寳寺の人面魚

未確認生物?! 「善寳寺の人面魚」のご紹介! 人面魚とは まず、「人面魚」とは読んで字の如く、「人間の顔をした魚」 「人面魚が出没すると災いが起こる」と古来から言われており、津波や地震が起きるとも…ポニョ 善寳寺の人面魚 1990年頃に山形県鶴岡市善寳寺で「人面魚」がいる!と話題になった。 こちらがその人面魚。 画像引用 う〜ん😅 ブームは去ったが現在でも「人面魚」はいるので見てみたい […]

【妖怪】件について

今回は日本に伝わる謎の生物「件(くだん)」について綴っていきます。 人間の首と牛の体を持つ妖怪 人間の首と牛の体を持つ、件。ミノタウロスの逆バージョンとでも思ってくれれば分かり易い。 江戸時代後期から目撃され、人の言葉を喋り、生まれてすぐ死んでしまう、謎の生物とされた。 件の喋った言葉は「未来を予言している」という伝承がある。 件の予言 1836年が件の最古の目撃例として残り、1867年には「豊作 […]

【UMA】_不老不死になりたいなら_「太歳」

UMA(なのか…?)「太歳」のご紹介! 太歳とは そもそも「太歳」が何なのかは正直よく分かっていない。 古代中国から「不老不死」の薬として知られているが、そもそも生物なのか植物なのかも不明。 一応それらしきものが発見はされているが、正体は今尚不明。 イッテQでも謎の液体に浸かった生物らしき物が「太歳」として紹介された事があったが、結局その後の情報はなし…。 本当に不老不死を […]

【UMA】絶対に遭遇したくない!「モスマン」

謎の生物「モスマン」のご紹介! モスマンってなに? モスマンとは1966年にてアメリカ合衆国ウエストバージニア州で目撃された謎の生物。 特徴として「巨大な黒い翼と赤い目を持つ」いかにも恐ろしい外見。 当初はただの「鳥」と呼ばれていたが、名称が変化して「モスマン(蛾人間)」として広まった。 目撃したら… このモスマンが目撃されてから「モスマンに追いかけられた」「付近の橋が倒壊した」など良 […]

【UMA】剣山の大蛇とは?!

UMA「剣山の大蛇」のご紹介! 剣山に現れた大蛇 1973年5月、徳島県の剣山で作業をしていた町議会議員が大蛇を発見をした。全長10m、直径30cmというとんでもない化け物だったのだ。 報告を受けた町役場は半信半疑だったが、確かに大蛇が通った後のようなものを確認。 一気に信憑性が高くなった。 正体 その後100人以上がこの周辺を捜査したが、大蛇らしき姿を発見は出来ず、結局正体は分からずじまい。 ま […]

【UMA】シーサーペントについて

未確認生物「シーサーペント」のご紹介! シーサーペントとは? まず、こちらの画像を見て欲しい。 体長は4m以上 細長い体をくねらせて泳ぐ 恐ろしい😱 古来から、「大海蛇」として恐れられ「旧約聖書」にも記述がある。 目撃例 一番有名な目撃例は「ニューネッシー」が上げられる。 だが、このニューネッシーが「シーサーペント」に区分されるのかは不明。 このシーサーペントは「海サメ」「巨大オタマジャクシ」説な […]

【UMA】ネス湖に潜むネッシーを追え!【ミステリー考察】

世界で最も有名な「UMA(未確認生物)」はネス湖の「ネッシー」でしょう! ネッシーを追え!!!!!!!! ロマン溢れるネス湖 ネッシーとは ネッシーはネス湖に住む「恐竜」、何と西暦565年から目撃記録がある。 現在でも目撃報告が後を絶たない。 最早「永遠のロマン」と云ってもいいだろう❗️ 目撃記録 最初の目撃記録は西暦565年(もし、生きていたのであれば物凄い長生き!同じ個体ではないだろうが笑) […]