【漫画】BLEACH オサレな台詞回し、五選

BLEACHの特徴として、挙げられることも多い、セリフ回し。

そのセンス溢れる、オサレなセリフ回しを五つ選んでみました!

出典 久保帯人/BLEACH

甘さ(チョコラテ)は此処に置いていけ。

十刃落ち、ドルドーニのセリフです。

「甘さ(チョコラテ)は此処に置いて行け。鬼になるのだ坊や(ニーニョ)」

敵でありながら、これからの戦いに向けて、甘さを捨てるように一護に檄を飛ばす。

そして、自分を討とうする葬討部隊に言い放つ。

言うじゃないかね、小僧共(ホベンスエロ)

結構かっこいいよね、この人冗談抜きに。

あとこの人、“3”っていう事は死の形は“犠牲”だったのかなあ…考えさせられますね🤔

完璧を嫌悪する

「私は完璧を嫌悪する!!完璧であれば、それ以上は無い。
そこに創造の余地は無く、それは知恵も才能も立ち入る隙がないと言う事だ。」

科学者とは素晴らしいものを目指すのだが、完璧であってはいけない。二律背反に踠き苦しみ、そこに快楽を見出さなければならない。

“完璧”という陳腐な言葉を使った時点で“科学者”として、ザエルアポロは既に負けていたのだった…。

戦いとは絶望

「戦いは英雄的であってはならない。
戦いは爽快なものであってはならない。
戦いとは絶望に満ち、暗く、怖ろしく、陰惨なものでなくてはならない。」
「それでこそ人は戦いを恐れ、戦いを避ける道を選択する

敵のアランカルは戦士としての戦いを誇りとして、栄光などを重要視している相手に対しての発言。

圧倒的暗さ、絶望、それが三番隊。実務に重きを置き。情に流されてはいけない。うーん、いいネ。

山本vs藍染 

空座町決戦編、山本総隊長vs藍染惣右介という二大勢力の頭同士の最強対決の言い回し。

「驕るなよ、小童。貴様程度の力でこの儂を切れると思うてか」

「切れるなどとは思ってはいない。

既に切っている」

くぅ〜!

藍染の切れ味が凄まじい

特別な歩み

「・・・ユーハバッハ
 あなたの望んだその世界には、確かに恐怖はないだろう。
 だが、死の恐怖の無い世界で人は、それを退けて希望を探すことをしないだろう。
 人はただ生きるだけでも歩み続けるが、それは恐怖を退けて歩み続けることとはまるで違う。
 だから、人はその歩みに特別な名前をつけるのだ。

 

 

 

 

 

又々出ました、口を開けば名言を吐く男、藍染!

“勇気”について語る藍染、良いよね。

____________
如何でしたか?

他にもオサレな言い回しは沢山あるので、貴方も是非BLEACH読んでみてください!

最新情報をチェックしよう!