【漫画】キングダム秦六大将軍まとめ【考察】

今回はキングダムの秦六将についての紹介と考察です。

(基本的に参考にしたのは作中の描写、台詞ですが、余りに描写が無いキャラは史実の記述を参考にします)

ネタバレ?あり

白起

六将筆頭「白起」

魏・韓連合との戦い、楚との戦い_____

そして長平。(趙奢の息子趙活を破り、趙兵40万を生き埋めにする)

功績をあげればキリがない程の名将です。

キングダムでは廉頗、姜燕からは「正真正銘の化け物」「最もやりづらい」と評され、その軍略の高さが窺えます。

史実では長平の戦いで自分のやった行為を嘆き自害します。

  • 白起と王翦

戦い方としては、堅実な戦いを好む戦略家で野戦、攻城戦、籠城、築城全てに優れていた。

この事から同じく名将である、王翦はかなり白起を“リスペクト”していると云える。

王騎

秦の怪鳥「王騎」

キングダムの主人公、信の憧れでもあり、作中では六将最後の一人でした。

武力、知力、統率、経験全てに於いて一切の隙もなく、最高レベルの能力を持っています。

馬陽の戦いで、李牧の策に掛かり、龐煖との一騎打ちで負った傷が元で戦死してしまいます。

その最期は“格好良い”に尽きます。

(“今の所”の描写の上では矢張り白起と王騎が頭一つ抜けている)

王齕

六将一の怪力「王齕」

作中では楚の汗明に敗れて、引き返すというイマイチな戦績です。(真意不明)

  • 史実では

史実では長平の戦いで廉頗と戦います(その後、白起と交代)。

韓、魏との戦いでも功績を挙げ、蒙驁と共に戦うも信陵君に敗れている。(これを最後に記述なし)

(また、史記によると王騎と同一人物説がある)

司馬錯

六将の中で最も情報が少ない男「司馬錯」

  • 史実では

実は王騎、白起とは少し年代が前の人物。

秦の国土を広げ主に楚・魏との戦いで功績を挙げた。

六将の紅一点「摎」

超攻撃型の将軍だったようで、落とした城の数は99。実は昭王の娘(中々の美女)で王騎の婚約者だった。

突如攻めてきた龐煖に敗れて死んでしまう。

  • 史実では

恐らく(というかほぼ)、男性。韓、趙、魏の城を奪うという功績を残している。

(因みに“キュウ”と読むらしい)

胡傷

六将の頭脳「故傷」

唯一、知力のみで六将になった男。六将の戦略を練ったという作中屈指の知将。

昌平君の「師」であり、王翦の才に気付く慧眼の持ち主。

  • 史実では

閼与の戦いで、趙奢に敗れている。“閼与”というのは、秦にとって因縁深い所であろう。

最新情報をチェックしよう!