【故事成語】胡蝶の夢【荘子】この世は現実か否か

蝶になった男

昔者莊周夢爲胡蝶。栩栩然胡蝶也。自喩適志與。不知周也。俄然覺、則蘧蘧然周也。不知、周之夢爲胡蝶與、胡蝶之夢爲周與。周與胡蝶、則必有分矣。此之謂物化。

_荘子_より

(或る夢を見た。それは蝶々になって自由に飛び回る夢であった。あまりにもリアリティが有った。そして目が覚めると、疑問に思った。

私は蝶の夢を見た人間か、人間の夢を見た蝶なのか)

今見ている世界が“現実”だと誰にも証明できやしない。

“荘子”にはこの様な寓話が多くて面白いです。

老荘思想は現代の“変化”していく世界にきっとこれからも寄り添ってくれることでしょう。

最新情報をチェックしよう!