【書評】この世は夢か現実か______________「老荘思想」

時は紀元前中国、

ある男が夢を見た______________

それは自分が蝶々になる夢であった。余りにもリアリティ溢れる、そんな夢であった。

男は夢から覚めた。そして思った「この世は夢か現実か…将又。」

後の世にこう評される、表の儒学、裏の“老荘思想

ざっくりと綴ります。

“すべき”への反対

ある人が言った「貴方はこうすべき」

それを見てある人はまた言った「貴方はこうあるべき」

教えは素晴らしかった、親を大事にしろ、年長者を敬え。

“こうあるべきだ” 目標、道標、気高く、そして厳しい道のり。須く、人はかくあるべき。

ある意味今の自分への”否定“

それに対して

ある人は言った

貴方は貴方のままでいいのだよ」”無為自然“それが最も。

後世、弱者の思想そう云われる事もあった。

だが常に人々の心に安らかさを与えた。

老子と荘子

この思想は“老荘”と一括りにされることも多い。

老子は諸説ある、実在したのかも分からない人物。荘子は老子の思想を受け継ぎ、分かりやすく、寓話などを付け加えました。

思想的には、老子が「国家論」が多いのに対し、荘子は「個人主義」的な所が多いですね。

共通しているのは「道(タオ)に身を委ねよう

超ざっくり要約すると、

人の欲とか世俗とかちっぽけな存在より自然に生きようぜ

これに尽きます。

道を為せば日々損をする…

老子の教えにこう云うものがあります。

爲學日益、爲道日損。損之又損、以至於無爲。無爲而無不爲。
取天下、常以無事。及其有事、不足以取天下。

要約

「勉強をすれば、得になるだろう、だが道を学べば損をする」

…え?!

損するの!?

そう思うだろう。だが老子は続けた。

「損をすれば、欲がなくなる、そして何も為さない所まで無為になる、憂いもなくなる。」

まさに逆転の発想…人は得をしたいが為に、日々勉強をし、努力をする、だが辿り着く先は競争、妬み、貧富。

そこに老子が一喝

そんな生き方、面倒じゃろ

そして続けた

「例えるなら、、そんな生き方ができたら良い、水は争うことがない、身を下に置き決して主張などしない、それ故に、誰にも傷つけることが出来ないのじゃあ!」

誰とも戦わない、それを人は“弱者”と呼ぶのだろうか?

いや、誰とも戦わない、これこそまさに無敵。そう言えるのではないだろうか。

万物は皆同じ

その後、老子をリスペクトした男「荘子

この人は老子と違い、書く気満々だった。

それ故に寓話などとても面白い。

その中でも特に特出すべきなの「万物斉同論」であろう!

男達が言い争っていた。「お前は悪だ」「お前は馬鹿だ」「お前はブスだ」「お前は卑しい」

何処にでもある、対立、比べ合い。

荘子は鼻で笑った

それって何基準なの🥱

男達は驚いた、

荘子は続けた

「そもそもお前らの言ってる善悪とか、美醜とか、大小とか全て思い込みだから笑」

美醜も善悪も人によって異なる、そもそも境界線を引くこと自体がナンセンス

何故なら万物は全て同じなのだから

最早言葉で表すのも不可能なスケールの大きさ、それも老荘思想の魅力の一つですね。。

  • 胡蝶の夢

荘子はこうも云った「そもそもこの世も現実か夢か、其れすらも証明できねーから!!

これは有名な寓話

「胡蝶の夢」である。

____________________________私は蝶の夢を見てる人間か将又、人の夢を見ている蝶か。______________

敗者の思想?

いいえ、“強弱”その境界線すら超える

東洋が誇る哲学

それが「思想

何かに疲れた時きっと貴方を癒すでしょう

最後に老子の言葉を一つ

知足者富

最新情報をチェックしよう!