超、古典要約 _罪と罰_ 「竹取物語」

源氏物語の作者、紫式部をして「日本の物語の出で初め」

日本最古の物語、昔話。

かぐや姫」で有名な「竹取物語

超ざっくり、要約して綴ります。

イメージと違う、かぐや姫

「君、なんかイメージと違わない?」

かぐや姫、何となく、ロマンチックなイメージありますよね。

竹取物語を読んでまず思うのが、かぐや姫、性格悪くね

はい、そう思っても仕方がない、そんな場面が目立ちます。

これはまた後述。

だが、そんなかぐや姫も物語の後半には心情に変化が…。

竹と、無理難題

竹取物語の書き出しは。「いまは昔、竹取の翁は光る竹を見つけた。その中には可愛らしい女の子がいた。翁はかぐや姫と名付けた」で始まる。

______________ここで思うのが、どうやって取り出した。

余談、もし光ってる部分を切っちゃってたら…笑。

「かぐや姫はすくすく、育ち三ヶ月ほどで“この世ものと思えぬ”程美しい成人になった」

はやッ!!!!

「その美貌の噂を聞いた男達がぞろり、ぞろり。その中でもとりわけ、熱心であったのが五人の貴公子であった。」

五人とは石作皇子車(庫)持皇子右大臣阿倍御主人大納言大伴御行中納言石上麻呂

この内三人は実在の人物、残りの二人も記録にないだけで、実在してるやも。

かぐや姫は求婚してきた五人に対して言い放つ。

「私の言う物を持ってきたら、結婚しても良い。」

石作皇子「仏の御石の鉢」
車持皇子「蓬莱の玉の枝」
右大臣阿倍御主人「火鼠の皮衣」
大納言大伴御行「龍の首の珠」
中納言石上麻呂「燕の子安貝」

いずれも伝説といっていい、無理難題だった。

五人の貴公子達は奮起して、頑張るが全て失敗する…。

「良かったー、結婚しなくて、すむ」

かぐや姫はホッとする。

(でも、五人目の石上麿足は可哀想だったと言ってるし、少しは気が合ったかも…)

遠い異国へと…

かぐや姫の噂を聞きつけたのは貴公子だけではなく時の帝の耳に、入る。

アゴ…

かぐや姫と結婚したい

帝、お前もか…

翁は何という名誉!喜び、云った「かぐやよ、この求婚受け入れよ」

かぐや姫の返事は変わらない

だが断る

挙げ句の果てに殺してくれと言い出す始末…💦

ほんとに頑固ね、かぐや姫…💦

帝は諦めきれず、狩りに行くフリをして、かぐや姫の部屋に忍び込んだ!そしてかぐや姫を見る。

その姿は光り輝き、この世の物と思えぬ程に美しい

帝は完璧に一目惚れした。

「もう離したりしないぞ!!」強くかぐや姫の腕を掴む、が、かぐや姫の腕は実体を持たぬ光になって擦り抜けてしまう。

そう、かぐや姫はこの世の人間ではなかったのだ。

だけど、一目見られたからには、無下には出来ない。

その後かぐや姫と帝は文通を交わす。

  • 帰る場所

時に、嬉しく、時に哀しみを手紙を通して、帝と交流を続けていくうちに、情が芽生えて来た。もう、意地悪なかぐや姫ではなく、立派な女性に成長したのであった。

だが、そんな日々は続かない、かぐや姫はおめおめと泣き続ける、翁が何故と尋ねて見ると予想外の返事が返ってきた。

「月に帰る時が来ました、月の使者が私の事を迎えに来るでしょう」

ポカーン( ゚д゚)

なんじゃそりゃああああああ

遽には信じられなかった、だがかぐや姫の様子は尋常ではない、無論冗談とは思えなかった。

「渡さん!かぐやはワシの娘じゃ、絶対に渡さんぞ!!そうじゃ、帝にも頼んで、警備をつけてもらう!」

帝は二つ返事で、軍隊を派遣、その数、精鋭二千人。

屋根の上、敷地、屋敷の中 隈なく、一切の隙も無い。防備は完璧だった。

とうとうやってきた、月の使者が。

精鋭二千人の兵vs月の使者 ファイッ!

と言いたいところだが、結果は文字通り

手も足もでなかった

人智を超えた、その存在に兵達は何故か、戦意を失い、矢を打っても、逸れてしまい、戦いどころでは無かった。

「かぐや姫、出てきなさい。さぁ、帰りますよ。」

そこへ翁が、啖呵を切る!凄い度胸だと思う。

月の使者は翁を一蹴し、かぐや姫を連れて月へと帰っていく。

「おじいさま、おばあさま、今までありがとうございました。最後にこれを帝に…」

ふしのやま

かぐや姫が残していった物、それは不死の薬だった。

「永遠の命を手に入れる事ができればいつか、再会出来ましょう」

という魂胆だったのだろう。

かぐや姫が去った事を知ると帝は落胆し、ひどく悲しむ。

「かぐやのいない世で生き長らえて何になろう」

帝はある命令を下す。

この薬を燃やしてくれ。せめてかぐやにも見えるように。この国で最も高い山はどこだ。

不死の山

その山は

後に富士山と云われる…。

______________
諸説アリ。

最新情報をチェックしよう!